アルミ貼り作業完了

E627B163-7C55-415B-AFD9-E5E779FF2727.jpg

作りかけの2個はアルミ貼りまで終了です。
アルミ貼りは段々ミノーっぽくなるので結構楽しい作業です。

 

ECBE1AFC-CDC1-4FBE-8247-FA87A5DD3986.jpg
使う道具はこんな感じです。
・家庭用アルミホイル。
・アルミテープ
・ヤスリ
・リターダーシンナー
小物はピンセット、精密ハサミ、筆

 

CF0959E1-B3D7-4897-9497-1A2A133B751A.jpg
家庭用アルミホイルにヤスリ目をこすって裏表写します。
僕はティッシュで擦っています。
アルミはすぐにクシャクシャになるので、取り扱いはピンセットを使うと良いです。

 

8450458B-C375-461F-8013-B5F043105AE1.jpg
ミノー2個分で4枚。
ミノーのボディを作った型で切り抜きます。

 

DCA273FA-B949-445A-9E8B-55CE9260AEDB.jpg
ミノーの片面に筆でリターダーシンナーを塗り、アルミを丁寧に貼ります。
片面づつ作業します。
ミノーの背中やお腹は湾曲していてシワになりやすいので、筆の木の部分で擦るとキレイに貼れます。
左右貼れば完成。
顔はアルミテープに自分好みの型をなぞり、切り抜きます。
二つ折りにしたアルミテープで型を切り抜けば、左右対称にいっぺんに出来ます。
エラや顔は千枚通しで好きなように書きます。
テープなので貼れば完成。

 

35518469-C962-407A-BC34-058B7C8E2025.jpg
僕は小さめの顔が好きなのでこんな感じです。
アルミボディは傷がつきやすいので、1回目のセルロースでコーディングするまでは丁寧に扱います。
今回は写真用にテーブルに置いてますが、いつもはなるべく触らず吊るして保管しています。

 

6C2635D0-454B-4E34-9EAB-760012E60574.jpg
残りの8個は下地作りでどぶ漬け乾燥中。
まだ先は長いですね。