スプーン用の自作シングルフック

D40CD40D-0138-4F6F-97F6-2B815763A792.jpg

今回は8gのスプーン用のフックが少なくなってきたので、作るついでにプログにアップしたいと思います。

まず、フックです。
僕はサクラマス用の10号を使っています。

 

1A6E264F-8BEC-49A6-A437-0CBAC502FF2E.jpg
必要な道具としたらこんなところでしょうか。
バイス、スレッド(ボビンホルダー)、瞬間接着剤、バッキングライン、針。

 

D15F7DA9-597E-4BA2-BBCC-79E62E27B2AF.jpg
それと、ハサミとニードル(爪楊枝でもいいです)を使います。

 

6C7D9247-E874-4457-8BF9-1C1E7EF084B6.jpg
まず、バイスに針を固定します。

 

DF343165-2062-4F13-9AE5-11DB8140AEE2.jpg
スレッドを頭からお尻方向に巻いていきます。

 

1CE58D06-17AD-458F-A98B-7DDF2CCE17A2.jpg
バッキングラインを下に合わせて、頭方向に丁寧に巻いていきます。

 

BA519A20-D2AF-4B8A-B3CF-CF0184A0B58E.jpg
そのとき、指で押さえながら巻くとズレずにキレイに巻けますよ。

 

8D25A9C9-EBB9-4B07-B458-011F75720D91.jpg
バッキングラインを折り返して輪にして軽く2〜3回巻いて仮止めをします。
この時、輪の大きさは大きめにしておきます。

 

51A7C65A-4FC5-4FBD-B17C-B30655F74265.jpg
仮止めなので、バッキングラインを引っ張れば輪が縮んでいきます。
好みの大きさに調整したら、スレッドを強めに引いて固定します。

 

5C00A53A-A338-4667-A485-237A99F1994F.jpg
ある程度巻いたらバッキングラインを持ち上げてハサミでカットします。

 

2C26B120-0A93-4B07-81AA-662CD8979257.jpg
丁寧に後ろまで巻いて、また頭の方に巻いていきます。
焦らず丁寧に巻きます。

 

C0D8F006-CFF9-4BD1-8C7B-F096068AFB5D.jpg
隙間なくキレイに巻けたら、頭の部分でスレッドを止めます。
僕の場合は、ハーフヒッチを3回だけです。
(もちろん、フィニッシャーを使って固定しても良いです)

 

7C13B947-C643-4E70-B3B4-72682F5D516A.jpg
瞬間接着剤をスレッドに塗って固めます。

 

3BA9A8CA-E552-416A-83F7-072D21964D31.jpg
全体にまんべんなく塗ります。
この時あんまり多く塗り過ぎると、バッキングラインまで固まってしまうので注意しましょう。
瞬間接着剤を直接使うと、一気に出たりフタの開け閉めがいちいち面倒なので、裏技としてガムテープに出す方法があります。

 

C3BB250B-AEDA-4D65-BB39-2C4A1ECA9701.jpg
これは紙テープですが布テープでもOKです。
こうすると瞬間接着剤は固まらないので、ここからニードルなり爪楊枝ですくって、スレッドに塗っていく方法が良いかと思います。

 

F3E7DE3C-E976-427E-9A47-28EFB36540B0.jpg
これで完成です。あとは乾かします。

大体一個作るのに、慣れたら3〜4分で作れますよ^ ^

 

C69A9F08-4902-4034-AD95-EC51CAF65AA6.jpg
一袋分作るのに1時間かかりません。
自作フックのメリットは、針の種類が多いので好みのフックが選べ、なおかつ安いです。
それと、針掛かりが抜群に良くてバレが少ないです。
デメリットは作るのに少々手間がかかることくらいでしょう。

釣りに行けない休みはこうして過ごすのもまた楽しいですよね^ ^